感謝することで『失恋』が終結する

失恋から立ち直りたい時に『感謝』と言われてもピンとこないかもしれません。

失恋してしまったけど、恋愛中に幸せな時間というのはあったはずですよね。彼は私のこういう所を認めてくれていた。好きだと言ってくれていた。私のためにサプライズしてくれた。笑わせてくれた…etc小さなことでも思い出してみるといろいろあると思うのです。

どのようにしたら失恋が『感謝』に変わる?

悲しかった、辛かったというような嫌な所にフォーカスするのではなくて、幸せを感じていた、楽しかった所にフォーカスするのですね。

別れる事にはなってしまったけど、この恋愛を経験した事によってあなたの魂はたくさんの感動(心が感じて動く事)を味わうことができたのです。

辛かった事以外の幸せだった所にフォーカスしてみると、「こんな経験をさせてくれたのは彼と恋愛をしたから。いろいろな経験をさせてくれてありがとう」という感謝の気持ちになってくると思うのです。

この気持ちになれると、この失恋によってあなたの魂は一つ成長できた、という事になります。

逆に辛かったことだけにフォーカスして「彼は私の気持ちをわかってくれなかった」「他に好きな人ができたなんて許せない」など、このような気持ちのままでいると、この失恋という経験は何一つあなたの魂の成長にならなかった、ということになります。

そして、また同じような失恋を繰り返すことになるでしょう。

失恋から立ち直るためにも『円の法則』を知るべき!

始まりがあって終わりがある、原因があって結果がある…というようにこの世の中には原理原則でもある『円の法則』というものがあるのです。

この原理原則に反した行いをすると不幸になるようになっているのです。

原理原則とは、一番有名なのはニュートンがリンゴが落ちる所を見て発見した『万有引力の法則』があります。これは紛れもなく世界共通の法則ですよね。それと同じように『円の法則』というものも、原理原則ですから世界共通の法則なのです。

では『円の法則』とはどういうことかと言うと、『循環』ということです。循環を滞(とどこ)らせたら幸せになれないということが言えるのです。

人生の様々な出来事も循環をさせることでうまくいくのです。例えば、【与えるから、与えられる。別れがあるから、出会いがある。辛い経験をするから成長できる。失敗があるから成功する】というように。

わかりやすくよく例えられるのが、【雨が降って地面に落ちた水は蒸発し、上空で冷やされた水蒸気が雲になり雨となってまた地上に降り注ぐ】という現象です。これも『円の法則』による一つの循環ですね。

失恋も、恋愛が始まって様々な【喜怒哀楽】を経験して、別れが来たなら幸せを感じていた事、楽しかった事にフォーカスして「いろいろな感情を経験できたのはあなたとの恋愛ができたからです」と『感謝』するのです。そうすることで、あなたの魂が成長することができるし、始まった恋愛がきちんと終わりを迎えることができるのです。

あとは『人情』というものがあります。これも循環と言えます。誰かにお世話になったらその恩を返したいという気持ちが大切なんですね。そういう気持ちがないとただお世話になりました、というだけで一方通行の状態で循環していないですね。なのでそういう時は、お世話になったあの人のためにこういうことをしたい、と思ってどんな些細な事でもいいので行動してみましょう。そうすると、それを生かすチャンスが来てどんどん循環が始まるということなんです。

感謝をすると『因果』が解消される

『因果応報』とか『因果の法則』という言葉をよく耳にしますね。簡単に言うと、前世で悪い事をすると今世で悪い事が起こる。これを『カルマ』と言います。また前世で良い事をすると今世で良い事が起こる。これを『ダルマ』と言います。

『因果』とはソウルメイト同士の間で発生するようなんです。(信じたい方だけ信じてください(^^;))

ソウルメイトとは何かと言うと、魂はたくさんのグループに分かれているのだそうです。その中で同じグループの魂がソウルメイトと呼ばれるのです。宿命として出会うことになっている魂のことです。例えば、両親や家族、親戚、結婚相手、仕事の上司…など簡単に言うとすぐには逃れることができない人間関係という事です。

例として私の『因果応報』の経験をお伝えします。私は自分が幼少の頃、両親は毎晩激しいケンカをしていたのですね。父親の仕事でできてしまった借金が原因でした。作ろうと思って作った借金ではなかったのですが、父親は母親に手を挙げることもしばしばあり、仲裁に入っていた私は「子供の前でこんな事をするなんて許せない」と思いましたし、悲しい気持ちもとても強くありました。

これはどういう『因果』なのかと言うと、私も過去世で自分の子供の前でケンカをするような親だったということなんです。

『因果』とはバツではないのです。「あなたのやったことをあなた自身が経験して、どんな気持ちなのか味わってください」ということなのですね。

私の経験の場合、初めは両親に対して「許せない」という気持ちがありました。いつかこの辛かった気持ちをぶつけてやろうと思っていました。

でも自分が結婚して子供が産まれて親になった時「私の両親は毎晩、私の前でひどいケンカをしていたけど、私や兄のために必死だったんだな」と共感することができたのです。そうすると自然と許せていたのです。そして今では一生懸命に育ててくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいなのです。これは『因果』を解消した、という事になります。

『因果』を解消できないというのはどういう事かと言うと私の場合で言うと、ずっと「両親を許せない」と思っているという事です。そして許せない自分自身が不幸のまま人生を終えて、また来世に同じ『因果』を持ってくることになるのです。これを『因果が巡る』といいます。

感謝できると今すぐ幸せになれる!

恋愛相手とは『因果』の関係性はあまりないようです。宿命ではなく運命と言えるようです。運命とはあなたの意志でどうにでも変えられるものです。

今世では『円の法則』を意識してみることをおすすめします。

失恋もそうですが、何か辛い出来事が起きた時、その辛い事以外の今の自分に与えられている幸せにフォーカスするのです。

そうすると数えきれないほどの幸せに気付くはずです。五体満足で産まれた事とか、ご飯が食べられる、車が乗れる、この日本という治安のいい幸せな国に産まれた事とか…。視野が広がりますよね。

悩んでいたり、辛いと思っている時はどうしても視野が狭くなりがちなんですね。でもこうやって感謝をしてみると、自分に与えられた幸せがどれだけたくさんあるのかがわかります。

人は考え方次第で不幸にも幸せにもなれるのです。だから絶対に幸せになりましょう(^^)