失恋してうつに?死にたいと思ってしまうあなたに…闇からの唯一の出口とは?

失恋してずっと気分が落ち込んでいる、何もやる気が出ない、また自然と『死にたい』という気持ちが出てきている方もいらっしゃるかもしれません。

私も失恋をした時に「死んでしまったらどんなに楽だろう」と自然と『死』というものが頭に浮かぶようになっていました。でもそれまでの私は『死』に対しての恐怖心がとても強くありました。また疑問もありました。「人間はいつかは死んでしまうのに、どうしてこんなにもいろんな感情を味わうのだろう?」と…。だってひどすぎませんか?人間は生きている間って誰でも辛さ、悲しみ…特に大切な人との別れ、死別、あるいは裏切り…などなど、こんなにも辛い感情を味わうのに、最終的に待っているのは『死』なのですから…。

でも私は失恋をしたことによって『人間はいつかは死んでしまうのに、どうしてこんなにもいろんな感情を味わうのだろう?』という疑問の答えを知ることができました。

私はたくさんの方の本を読みました。情報を集めました。そうすると、皆さんおっしゃっていることが共通しているのです。

失恋して、「死にたい」と思ってしまう…これってうつかな?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。でも私はうつかどうかはあまり大きな問題ではないと思っています。うつであろうとなかろうと、人間の本質を知ることで視野が一気に広がって、全てを包みこまれたような安心感を得ることができると思うからです。

失恋うつ。『死にたい』からの回復はこれを知ることから!

21世紀は魂が存在すると知った方が本当の幸せを感じられる時代です。日本は戦争をしていた時代までは食べていくことで精一杯でした。生活を向上させていくことに一生懸命頑張ってきたのです。でも現在は食べ物も着る物もあふれているし、暮らしも豊かになり、物質的に満足している状態です。

「食べることができて幸せ」とか「こんなに便利なものができて幸せ」というような幸せの価値観は終わりを迎えていると思うのです。物質的に満足して豊かな暮らしが当たり前になると、これからの『幸せ』とは何か?ということになります。

それは『心の幸せ』です。どういうことかと言いますと、『自分を尊重する』『自分を大切にする』。それができて初めて他人を尊重し、大切にすることができるのです。そうすると人間は『人の役に立ちたい』『必要とされたい』と自然と思えるのです。そして人からありがとうとか、感謝してるよ、と言ってもらえた時に幸せを感じるのです。

人間は物質的な存在ではなく、魂的な存在なのです。宇宙に無数に存在する魂というエネルギーは全て、一つも残らず必然的に存在している魂なのです。それぞれの魂がこの世で人間の肉体に宿り、それぞれの魂レベルに合った経験をすることになります。経験することによって魂は成長し、肉体は古くなり死んでしまっても、あの世に帰り、また別の肉体に宿り、経験し成長していくということを繰り返しているのです(これを輪廻転生と言います)。ですから肉体は死んでしまっても魂は永遠に死なないのです。そして少しづつ完璧な存在(神)に近づいていくのです。

失恋うつは克服できる!人は自分が克服できることしか起こらない!!

私は『死』の意味と向き合って、たくさんの本を読みました。信じたくない方は信じなくていいのですが、魂は自分で親を選んで宿り、生まれてくるのだそうです。そして自分で今世で乗り越えるべき試練をいくつか決めてくるのだそうです。それはその魂がまだクリアできていない課題ということになります。

ですから人は自分で乗り越えられそうな試練しか決めてきていないのです。その人に起こる試練は必ず乗り越えられるのです。『失恋』もそうです。失恋することによってクリアしなければならない課題があるから、失恋が起こったのです。この世は全て、必要なことしか起こりません。そこから学ぶことが必ずあるのです。自分では気付いていなくても、魂は知っています。

失恋うつで人生を放棄してしまったら?

今失恋によって「死にたい」と思っていらっしゃる方は、真っ暗な映画館で始まらないスクリーンをじっとただ見ている状態と似ていると思います。生きていてもつまらない、意味がない…と。きっとあなたは自分が嫌い、自分が許せない、そうすると他人も信用できない、許せない…ということになるのです。それは言わば『生き地獄』と言うしかありません。自分を消してしまえば全てがクリアになる、と思ってしまうのです。

でも先程も述べましたが、これからは『心の幸せ』の時代になります。自分を尊重して、尊敬して、大切にすることが『幸せ』の根源なのです。頭が良ければ尊敬に値するというわけではない、容姿が良ければ価値があるというわけではないのです。確かに頭が良ければ立派な大学に入れる。それはその人の強みとして自分に誇りを持てることです。容姿が良ければそれだけで注目されたり、異性からも人気があったり得な事も多いでしょう。それもその人の強みとして生きていったらいいと思います。

でもどんなに頭が良くても、容姿がいい人でも自ら命を絶つ人はたくさんいます。

どういうことかと言いますと、『自分で自分を尊重できなかった』ことの結果なのです。

体に障害を持って生まれてきても、そんな自分と葛藤しながら、その中で自分の生きる目的、喜びを見出してイキイキと毎日を過ごされている方もたくさんいらっしゃいます。

そのままのあなたでいいのです。そのままのあなたを受け入れてください。人見知りな自分、内気な自分、短気な自分、だらしない自分、自信が持てない自分…すべてそのままで受け入れてください。

あなたが自分はこういう人間だと思っているのは、思い込みなのです。遠い遠い過去世からの記憶や今世で幼少の頃、大人から言われてきた言葉によって思い込んでいるだけなのです。

『そのままで大丈夫』と思うだけで、今までの自分の思い込み(我)が少しづつ解け出していきます。

『あなたはあなたを尊重してください』

人生を途中で放棄したら、来世にまた同じ課題がやってきます。本当は乗り越えられるのです。自分を尊重することができないだけなのです。人間の価値に理由なんていりません。理由もなく存在していること自体が、価値そのものなのです。

失恋うつの治療におすすめの本をご紹介!

魂は生まれてくる前に、自分の人生を決めてくるのだそうです。うそみたいな話ですが、経験、知識豊かな先生方が皆さんおっしゃっているのです(^^)私もたくさんの本を読んでいく中で信じざるおえないという感じでした(^^;)

でもこれからの時代、あと千年かけて魂の存在があらゆる人にとっての常識となると、ある有名な事業家の方がおっしゃっていました。『千年!!』ですよ。ですからこの数字から、どれだけ信じ難い事かというのが良くわかりますね。

近年、生まれてくる前の記憶や前世の記憶、胎内記憶をもった子供が多くいるようなのです。実際にその子供が本を出版したり、ブログでいろんな事を伝えたり、講演をしたり、多くの人に癒しや元気を与えてくれています。

そんな記憶をもって生まれた子供たちが実際に語ったお話ををもとに作られた本がこちら〖みことちゃんの物語 あなたがお空の上で決めてきたこと〗という本です。物語になっていますが、これを読むと「私たちには本当に魂が宿っているんだな」ということがわかります。そして「何のために生まれてきたのか」ということも、読んだ人それぞれに考える所があると思います。

あなたは暗いスクリーンを見続けないでください。闇と光は一瞬も共存できません。必ず光が勝ちます。暗い部屋も電気を付ければ一瞬で明るくなります。闇はそこにはいられなくなります。このブログがあなたが電気のスイッチに手を伸ばすきっかけになってくれたら幸いです(^^)